ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈丁花 精油の生産性

2013.03.13
この頃、良い香り~に包まれています。
身近なものでは梅や沈丁花
春はやはり季節を印象づけてくれる沈丁花かも~☆

白い沈丁花も
咲き始め~

キンモクセイ

2週間位先に
咲き始めた
赤、
ようやく 満開です。

暖くなったり寒かったりで油断出来ない季節でもあります・・
        お花達も 
      ゆっくり〜ゆっくりと~

キンモクセイ1

沈丁花と聞くだけでも懐かしく、ノスタルジック的に
感じられるのは私だけかな (〃∇〃)


風が運んでくる沈丁花の香りは、
沈香に喩えられたほどですが、
摘み取ったものを直で嗅いでみると、
う〜ん。。。か・かなりきつ〜!

可憐な花の姿からは想像出来ない、
パワフルな香りが。。。


人を魅了する沈丁花の香りは、
商業ベースで精油が生産出来ません。

仮に精油が採れるとしたても、
花の香りとはかなり違うものです。

成分分析では最先端技術でも分析可能な成分が限られる。
分析出来ても成分が入手できない。
例え、入手できても高価だったり法規制の対象成分だったり。

たとえばローズの香りには、約700種類
くらいの成分があると言われています。
その分析成分は300種類程。

主要成分の数種類でも、ローズらしい香りにはなっても
天然のローズには遠く及びません。

しかも300成分すべてのローズの香りは商業的には不可能というのです。
例え出来ても天然のローズには遠く及ばないはずです。

科学者たちがお手上げだったものはクリエイターが創造する。。。(^^;)
原点にかえれば、それが芸術の歩んできた道かもしれません。



それでは
皆様
良い
1日を
送って
下さいね


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
にほんブログ村
ポチッとしてくれたらうれしいです
Blog

スポンサーサイト

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。