ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摘みたての香り ”桜の成分”

2013.02.27
なかなか春こないじゃない〜というくらい
寒い日のほうが多いですが、
春はもうそこまで。。。

あと2日もしたら3月。。。
早いものですね!

春は上品な香りを持つ桜。
香りの主体はクマリン( C9H6O2 )という成分。

桜塩1

でも、美しく咲いている生きた桜の花からは
ほとんど香りはしないのです (^^;)

ところが、「塩漬け」にして糖が分離すると、
クマリンが生成され甘い香りを放つ。

私たちが「桜の香り」として思い出すのは、
桜餅を包む桜の葉。
又はアンパンの桜の香りなんです。。。驚き〜 (〃∇〃)
      
      さてと

去年作っておいた桜の塩つけ〜♡
(洗った桜を拭いて3日乾かして塩を振ったもの)

耐熱の皿にのせて、ラップなしで約2分半加熱。
桜がパリパリした感じ。

手で崩し、桜のガクの部分を粗い目の茶漉しでこす。
塩を同量まぜたら出来あがり

桜塩

淡い桜色と桜の香りがふんわり香る
桜塩になりました~
後は石鹸に入れても、
食しても〜☆
以外に桜の香りにホッとする感じがしませんか?
桜にはリラックス効果、解熱や咳止め。。。と
うれしい事が他にもあるんです。

血圧低下作用や二日酔い予防作用など
お酒好きにも嬉しい効果がいっぱい。

お花見にお酒がつきものなのは、
とっても理にかなったことなのかも。。。ね ♡




それでは
皆様
週を
スタートさせて
下さいね


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
にほんブログ村
ポチッとしてくれたらうれしいです
Blog

スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。